トップページ

    このサイトではハイエースの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイエースの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのハイエースを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くにあるトヨタのディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、ハイエース(HIACE)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。ハイエースを高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社への査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイエースの買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と感じているならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にハイエースの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、長年愛用したハイエースでも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    ハイエースの査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐにハイエースの買取相場が表示されるので、「サクッとハイエースバンの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで長年乗ったハイエースでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にハイエースを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がトヨタのハイエースの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したハイエースを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サービス。
    一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    トヨタのハイエースを高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは結構うれしいですね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で10社の買取業者がハイエースの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、チェックするだけしてみてはいかがでしょうか。







    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で一般大衆に向けた車の査定アプリを売りに出していますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    まだ少ししか中古車の見積もりを出した経験がない人でもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。

    この業務用に開発されたアプリと専用の機械を同時使用する事によって、これから見積もりを出そうとしている車の以前に修理していたかどうかが一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大きく分類して車体の色や車種などの基本的なスペック、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車の内部の臭いや汚れの有無、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    注意して車に乗っていても自然に付くほんの少しのへこみや薄い傷などは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、あまり神経質になることはありません。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや大きなへこみがあるケース、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、減額されるのが嫌だからと言って個人で直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    けれども実際にはそんなことより、天気や時間帯を気にせずなるべく多数の業者から見積りをとるほうが良いに決まっています。

    ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。

    自分の車を査定してほしくても、お店に突然車を乗り付けていくのは無茶としか言いようがありません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、スピードです。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    車の外観の傷というのは実車査定をする際に確認される部分です。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷はあまり査定には影響しないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性はほとんどないというのが実情です。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

    車体の色が定番色以外の場合には、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでにはそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのに引き取ってもらえなかった場合、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    それ以外には廃車しかありませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    そうした業者の取り柄というと、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買い取りに出す場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと却って不調になることが多いのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。