トップページ

    このサイトではハイエースの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイエースの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのハイエースを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くにあるトヨタのディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、ハイエース(HIACE)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。ハイエースを高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社への査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイエースの買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と感じているならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にハイエースの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、長年愛用したハイエースでも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    ハイエースの査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐにハイエースの買取相場が表示されるので、「サクッとハイエースバンの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで長年乗ったハイエースでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にハイエースを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がトヨタのハイエースの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したハイエースを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サービス。
    一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    トヨタのハイエースを高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは結構うれしいですね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で10社の買取業者がハイエースの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、チェックするだけしてみてはいかがでしょうか。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも非常に大きく関係するのが走行距離です。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、査定金額は低下していくのです。

    5万kmを越えた車は多走行車と言われていて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    10万キロメートル以上の車に関しては一般に過走行車といわれ、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    ちょっとでも高値で中古車を売却するコツは、売却は即決しても構わないという思いを前面に押し出すことです。

    取り敢えずの査定なんだけどというおそらく直ぐには車を手放さないだろうという売り手よりも、価格が折り合えば今すぐにでも売却しますという売り手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう軽い傷や細かなへこみは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、それ程気に病む必要はないといえます。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや目でハッキリ分かるへこみがある場合、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、査定が低くなるのを避けるために個人で直したとしても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って対象車の市場価値を計算するのが常です。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    比重の大きなチェックポイントは、事故歴、修理歴、傷、故障、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。

    熟練の営業マンが逐一チェックしますから、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、一目瞭然です。

    乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においてはさほど価格に影響を及ぼすものではありません。

    しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはタイヤをノーマルに戻してから中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    結局、その手数料として引かれた額が買取額となります。

    出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、中古車を高く売るための基本です。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    本人が納得できるようなら、2、3社でも十数社でも結果的には問題がないということです。

    近頃市場に出回っている自動車ははじめからカーナビシステムがついているのが多くなりました。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って評価してくれる可能性が高くなります。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、見積もりをしてもらう前にあらかじめ外してカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。

    乗っている車を手放そうとする際には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、前もって修理をお願いしてから売りに出すのではむしろ損してしまうことの方が多いのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなことがあるのです。

    故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。