トップページ

    このサイトではハイエースの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイエースの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのハイエースを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くにあるトヨタのディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、ハイエース(HIACE)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。ハイエースを高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的ナンバー1!最大50社への査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイエースの買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と感じているならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にハイエースの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、長年愛用したハイエースでも高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    ハイエースの査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐにハイエースの買取相場が表示されるので、「サクッとハイエースバンの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで長年乗ったハイエースでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の買取業者が中古車査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にハイエースを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がトヨタのハイエースの査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したハイエースを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サービス。
    一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    トヨタのハイエースを高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは結構うれしいですね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で10社の買取業者がハイエースの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、チェックするだけしてみてはいかがでしょうか。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定金額は低下していくのです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車という名称があり、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は過走行車という扱いを受け、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    売却予定の車を査定する基準というのは、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    この確認項目のうちで外装および内装は、査定に行く前に入念に清掃することで幾分査定額は高く出ると予想されます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、嘘をつかずに申告してください。

    これらの査定基準を確認してから、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、一つ一つ詳細に査定しているわけではなく、あくまで簡易的に算出した査定額となっています。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によって状態は同じではありませんから、一台一台の具体的な見積額というのは中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、前もって知っておくと良いでしょう。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、査定が終わった業者はすぐにでも契約を迫ってくるでしょう。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    買取りのための査定では、複数業者の査定額を比較するのが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    複数の業者から見積りをとることを第一に考え、検討材料が揃って納得がいってから交渉しても遅くはありません。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際してあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、出来るだけノーマルタイヤに付け直しておくことをおすすめします。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、雪国などでもない限りノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから販売する必要があります。

    当然ながらタイヤ交換費用を差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、査定前に洗車していようと、査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。

    汚いままでは業者も不愉快でしょうし、逆に清潔でキレイにしてあれば、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    買う側だとて人間ですし、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    その場合は書類も増えますし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    愛車を売却しようとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で手続きに行っても良いと思います。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    半分忘れ去られたようになって、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

    しかしながら、すでに車検が切れてしまっている車が公道を走ることは禁止されていますから、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    それから、あらかじめ車検を通してから売ることは無意味です。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。